自転車練習方法

1.補助輪とペダルをはずす
「え、ペダルもはずしちゃうの?」とビックリされるかもしれませんが、はずしますよ〜!でも、ペダルは自分ではずすことはありませんよね?ペダルはネジが きつくなっている場合もありますから、自分ではずせないなと思ったら自転車屋さんではずしてもらいましょう。

2.子供が自転車を押す 
まだ自転車には乗りません。子供が自分で自転車を押すことにより、補助輪がない自転車のバランスの取り方を経験させます。自転車を押しながら走れるようになるまで練習しましょう。

3.自転車にまたいでみる 
ペダルがないので、本当に自転車にまたがるしかできませんね。またいだまま自転車を進めてみましょう。歩いているような状態ですが、少しずつスピードを上げていくと両足が地面から離れるようになります。途中フラフラしてしまっても、足をつけば転倒する心配もありません。もし子供が怖がるようであれば、後ろを支えてあげてください。自転車をまたいだまま歩いて曲がったりUターンができるようになるまで練習しましょう。
次はいよいよペダルを取り付けての練習です!

4.ペダルをつけて自転車に乗ってみよう
再びペダルを自転車に取り付けます。自転車にまたぎ、地面を蹴った後は足をペダルの上にのせます。ペダルをこがなくてもかまいません。ペダルに足を乗せて バランスを取れるようにしてください。スタートするときに、大人が後ろを支えてあげるとスムーズに進むことができます。これまでの練習で自転車に乗っているときのバランスはとれるようになっていると思います。

自転車に乗ることが楽しいことを子供が知ったら、家族でサイクリングなどにいくのもいいですね。子供は自転車が大好きです。是非一緒に子供と自転車に乗ることを楽しんでください



 

4.補助輪なしの自転車練習方法

 子供の頃をちょっと思い出してみてください。補助輪なしの自転車に乗れる人=大人 というイメージありませんでしたか?
 補助なしで自転車に乗れるようになったら、なんだか誇らしげに思いませんでしたか?そして逆に補助なしの自転車に乗れなかったときは悔しくありませんでしたか?
 子供に早く補助なしで自転車に乗ってもらいたいからといって子供を急かしてはいけませんよ。「○○ちゃんはもう乗れるようになったのに」など人と比較もしないでください。一番補助なし自転車に乗りたいと思っているのは子供自身なのですから。
 以前は、子供の頃は親や近所のおばさんなど大人に自転車の後ろを支えてもらって、頑張ってペダルを踏み、大人は子供の自転車のこぎ方が安定してきたら黙って手を離す…という練習方法が多かったのではないでしょうか。私もこの練習方法でした。ですがこの練習方法は怖いですよね。怪我も絶えません。現在の自転 車練習方法は子供が恐怖心でいっぱいにならないような練習方法がとられているようです。

 補助輪をはずす前に、ブレーキが使えるようになっていること、そして、両足のつま先はちゃんと地面についているか確かめてください。



 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。